こんにちは。Mayuです★

いよいよ始まりまいた、ワールドカップバレー2019!
注目の男子バレーボールが福岡で始まりました。
もう、毎日テレビの前に釘付けです。
日本は、どんなふうに立ち向かっているのでしょうか?対戦別にお話します。

10月1日(火) イタリア戦

福岡から初戦を迎え、男子日本代表チームはイタリアをセットカウント3-0で開幕戦を勝利しました。

1セット 25-17
2セット 25-19
3セット 25-21

第1セットは石川祐希選手のサービスエースから始まって、ポーカーフェイスの小野寺太志選手のサーブで崩していき、ワールドカップ初出場の西田有志選手やあごひげが素敵な福澤達哉選手が得点をとっていきました。
204㎝の山内晶大選手のブロックで攻撃をつづけていき、セットを勝利!

第2セットは西田選手と石川選手の攻撃で得点を取り続けてから4連続失点されてしまいましたが、その後取り戻して、石川選手からのトスを西田選手が決めてセットポイント、そして2セット目も勝利!

第3セットはリードを許しましたが、石川選手の5連続得点で突き放していき、マッチポイントをブロックできめて、開幕戦を勝利するいいスタートとなりましたね。

10月2日(水) ポーランド戦

第2戦を行い、男子日本代表チームはポーランドにセットカウント1-3で敗れ、1勝1敗としました。

1セット23-25
2セット17-25
3セット25-19
4セット17-25

第1セットは西田有志選手や石川祐希選手の攻撃や、西田選手、小野寺太志選手のブロックなどで点をあげていきましたがこのセットを落とす!

第2セットは、相手エースのサーブに押されてしまい、途中出場の李博選手や西田選手のスパイクなどで追い上げましたが、このセットも落とす!

第3セットは気持ちを切り替え、西田選手、石川選手の攻撃で調子が日本に戻ってきましたが相手もサーブから調子を取り戻しますが西田選手や石川の連続得点でリードし、小野寺選手のクイックなどでこのセットを勝利!

第4セットは中盤まで日本のペースでしたが、ブロックにつかまり点をとられてしまいますが、石川選手のスパイクとブロックで追い上げましたが届かず、1-3で敗れてしまいました。

10月4日(金) チュニジア戦

第3戦を行い、男子日本代表チームはチュニジアにセットカウント3-0で勝利しました。

1セット25-23
2セット25-21
3セット25-11

第1セットはチュニジアの攻撃で苦戦しましたが、福澤達哉選手の攻撃や相手のミスでこのセットを勝利!

第2セットは西田有志選手のブロックなどでリードし、途中出場してきた柳田将洋主将のスパイクや西田選手の得点でこのセットを勝利!

第3セットは柳田主将が4連続サービスエースで流れを日本にし、出場した各選手すべてが活躍してストレートでこのセットを勝利し、ストレート勝ち!
また、リベロの古賀太一郎選手は、コートで自分の誕生日をチュニジア勝利で祝福を受けることができました。

10月5日(土) アメリカ戦

第4戦を行い、男子日本代表チームはアメリカにセットカウント0-3で敗れて、2勝2敗としました。

1セット 19-25
2セット 19-25
3セット 21-25

アメリカ戦は、前日からメンバーが入れ代わり、第1セットはスタメンの清水邦広選手、柳田将洋主将の攻撃で競り合いますが、その後アメリカのサービスエースなどで失点し大きく点を離されますが、このセットが初のスタメンの髙橋健太郎選手のクイックや途中出場した大竹壱青選手のサービスエースなど追いあげますが、このセットを落とす!

第2セットも相手の強いサーブなどで、5連続失点し、リードを許します。201㎝の大竹選手やの柳田主将の連続得点などで追い上げていきますがこのセットも落とす!

第3セットもアメリカの力強いサーブやブロックに苦しみ、柳田主将や大竹選手の反撃もむなしく、日本はストレート負けでした。

10月6日(日) アルゼンチン戦

第5戦を行い、アルゼンチンにセットカウント3-1で勝利し、3勝2敗で福岡大会を終わることができました。

1セット25-19
2セット25-20
3セット26-28
4セット25-22

予想通り、アルゼンチン戦では、前日試合に出なかった石川祐希選手、西田有志選手、福澤達哉選手などがスタメンで出場し、その石川選手が第1セット開始直後からブロックをきめていき、得点を重ねていきました。福澤選手のバックアタックなどで活躍し、アルゼンチンのミスも目立ち、1セット目を勝利!

第2セットも小野寺太志選手のブロックや西田選手のアタックがきまり、2セット目も勝利!

第3セットもリードをしていましが、相手の鋭いサーブなどで逆に失点が続き、ジュースまで追い込みましたが2セット目を落とす!

なんとか気持ちをきりかえて、第4セットを迎えました。西田選手のサービスエースや石川選手のアタックなどでこの4セット目を勝利し、3勝2敗で白星を一つ多くとることができ、福岡大会を終了となりました。

まとめ

ワールドカップ男子、頑張っていますね!バレー男子の試合は毎回見ていて興奮します。
次は会場を広島に移して9日(水)から始まります。日本はオーストラリアと対戦です。既にチケットは完売しているとの事です。すごい人気ですね。
試合の中でもやはりNEXT4(石川祐希選手、柳田将洋選手、高橋健太郎選手、山内晶大選手)や若きエースの西田有志選手の活躍は、素晴らしかったと感じました。これからの試合も頑張ってくれると思います。
メダルも夢でないですね‼‼

これからもみんなで応援していきましょう!「がんばれ!日本」
最後までご覧頂きありがとうございました。