育児をしている中で、毎日一体何回のおむつを替えていると思いますか?
新生児の頃は1日8回〜多くて20回というママもいるほどなんです。それが毎日となると、おむつの消費具合も心配ですが、気付くとゴミ箱がパンパン。なんだか臭いも気になってきませんか?私が孫をみていた時に気になりました。

おむつ替えした後のおむつ、重たいし、臭いも気になります。
新生児のころはそんな事ないかもと思っていましが、成長し離乳食が始まるとその臭いもどんどん強く変化して行くのです…。

最初は「おむつ専用のゴミ箱なんてなくても平気でしょ!」と思っていたママも、離乳食がスタートする頃を界に、おむつ専用ゴミ箱の導入を検討することも。

そんなママたちへ、見た目も可愛く、インテリアとしてもお部屋に馴染みやすいおむつペール「ubbi」をご紹介します。
このおむつペール、可愛い上にエコ!専用のゴミ袋が必要ないのに、全く臭わないと大人気なんです!

インテリアおむつペール「ubbi」って?

インテリアおむつペール「ubbi」は、専用のゴミ袋不要で臭い漏れの少ない、おむつ専用のゴミ箱です。

まず、「ubbi」はスチール製でできているため、臭い移りがほとんどありません。プラスチック製のゴミ箱だと、使い始めて1週間ほどですぐにゴミ箱にいや〜な臭いが移ってしまいますよね…。消臭スプレーや、ゴミ箱用の消臭グッズを使ってもなかなか手強いもの。そもそも、ゴミ箱のための消臭グッズを購入するのもちょっと手間です。

その点「ubbi」はお伝えしている通り、臭い移りがほとんどないため気になりません!追加で、消臭グッズの購入を考えなくても良いのはありがたいですね。

そして、専用のゴミ袋も用意する必要がありません!これは本当に助かる!ご家庭用の30Lゴミ袋をセットするだけでオッケーです。

また、普通のゴミ箱とは違い、フタがスライド式なんです。フタにはチャイルドロックも付いているので安心!これで完全に空気の出入りをシャットダウンします。臭いが漏れることを防いでくれると何が素晴らしいって、子ども部屋に置いておけるってことなんです。

おむつ専用ゴミ箱、臭いが気になってベランダに置いてあるママ、多くないですか?
ベランダに置いて置くと、夏は暑さでゴミ箱がとんでもない臭いを発したり、冬は冬で寒くておむつを捨てるためにベランダの窓を開け閉めするの辛いのではと思います。

こういったところも「ubbi」なら大丈夫!しかも、可愛いデザインなのでお部屋のインテリアにマッチします。お部屋の雰囲気を損ねることなく、お部屋内で使えるんです!

「ubbi」の値段、サイズ、カラーバリエーションは?

そんな「ubbi」の値段・サイズは、以下の通りです。

・希望小売価格 : 10,584円
・サイズ:約幅24.5cm×奥行35×高さ55cm
・重さ:2.3kg

サイズは、普通のご家庭用ゴミ箱と同じくらいです。ただスチール製のため、プラスチック製のゴミ箱よりはやや重めです。

カラーバリエーションはなんと18種類!これだけあれば、必ずお気に入りのカラーと出会えるはずです。
・ホワイト
・グレー
・ライトブルー
・ライトピンク
・ブルー
・ピンク
・ピスタチオ
・ターコイズブルー
・ネイビー
・グレーシャブロン
・ピンクハート
・アイボリー
・ネイビースター
・クラウド
・ミント
・ゴールド
・クロム
・マーブル

※販売終了や在庫次第では販売していない場合もあるので、ご注意くださいね。

「ubbi」を実際に使ってみた!【体験談】

おむつペール「ubbi」を実際に使ってみて最初に思ったのは、

「もっと早くに買えばよかった!」との娘の言葉でした!

「ubbi」を導入することに躊躇した理由としてはその価格にありました。
そうなんです、「ubbi」はゴミ箱としてちょっとお高い…。ゴミ箱に1万円…。
しかし、ネットで検索していると、7,000円台で販売しているところもチラホラありました。
口コミやレビューも良く、専用ゴミ袋が必要ないというところに惹かれて思い切って購入に踏み切ったのです。

使ってみて、やはり臭わない!お部屋に置いていてもさほど気になりません。
やはりおむつを捨てる瞬間は臭いが気になることもありますが、普通のゴミ箱のようにずっと臭いを放っているというようなことがないので、安心して使っています。

それと、専用ゴミ袋が必要ないということがとても大きいです。
「ubbi」は購入時こそ値が張ったものの、専用ゴミ袋が要らないので、長い目で見るととても経済的だったなと思いました。

公式サイトには、おむつは一度に30枚分捨てることができるとの記載がありますが、我が家ではゴミ収集に併せて棄てているので、そこまで溜まらずに棄ててしまいます。
パンパンになるまで棄ててしまうと、「ubbi」からゴミ袋を剥がす時が少し大変です。ぎゅうぎゅうにおむつが入っているため、固く重たくなってしまっています。可能であれば、こまめにゴミ袋を交換するのも良いかなと思いました!

まとめ

今回はインテリアおむつペール「ubbi」のご紹介でした。

色々なおむつペールが発売されている中、不動の人気を誇っている理由が、実際に娘が使ってみてわかった気がします。
お値段がちょっとお高いのですが、それでもお値段以上の価値はあります!「もっと早く導入していれば、よかったなあ」と何度も思う程に娘の家ではお気に入り育児グッズです。