すやすや寝ていた赤ちゃんがいきなり泣き始める、赤ちゃんの夜泣き。

「夜泣き」は赤ちゃんも、赤ちゃんを持つ親も通る道です。

通る道ではあるものの、眠りたいのに、赤ちゃんの夜泣きで起こされるのは、育児中のママにとっては大きな育児の悩みです。

赤ちゃんが夜なかなか寝てくれない、ママはただあやしてあげる事しかできない。

私の孫も気が狂ったように毎晩泣いていたことがあります。私は何もしてやれずママは本当に可哀そうでした。

そんな場で無力感を感じた多々の方も多いのではないでしょうか。

でも、赤ちゃんの夜泣きは当たり前なのだから仕方がないとあきらめていませんか。

そこで、今回は、そんな育児悩みの夜泣きについて、原因や夜泣きに有効な対策法などをご紹介します。

夜泣きってどういうこと?

赤ちゃんはなぜ泣くの?

抱っこしても泣き止まず、病気でもなさそうなのに、泣く理由がまったくわからない。

そんな夜が続くと、これが「夜泣き」というのかも知れません。

しかし、「夜泣き」とはいったいどんなことなのでしょうか。

「夜泣き」とは?

「夜泣き」とは、多くの日本の育児書によると、「生後半年頃から1歳半くらいの赤ちゃんに見られる、夜間の理由がわからない泣き」を指しています。

昼間は元気に遊んで、寝る前までは起源も悪くなかったのに、夜中になって急に泣き出し、いろいろやっても泣き止まないという状態が、この時期の赤ちゃんに多く見受けられる、それが夜泣きの定義のようです。

また、夜泣きが始まる月例や続く期間、時間帯も赤ちゃんによってはまちまちで、中には、ほとんど夜泣きの時期がなかったという赤ちゃんもいるようです。

夜泣きの原因は?

赤ちゃんが空腹でもない、おむつもぬれていない、特に体に不快や異変が見られないのに夜泣きする原因としては、様々な説がありますが、残念ながらまだはっきりとはわかっていないようです。

しかし、赤ちゃんの睡眠、大人の睡眠のリズムのなりたちを考えると原因が見えてきそうです。

実は、赤ちゃんの睡眠は大人と質が違うからです。

では、赤ちゃんと大人の睡眠のリズムを見ていきましょう。

赤ちゃんの睡眠リズム

●誕生~生後1か月
人の体には、昼おきて夜寝る体内時計が備わっていますが、新生児期の赤ちゃんはこの機能が不十分です。

つまり、昼夜の区別がなく、短いサイクルで「泣く」「寝る」を繰り返すのです。

しかし、夜中に泣き出しても、おっぱいで満腹になると落ち着く場合も多いようです。

●生後5か月~
赤ちゃんの体内時計が働き、睡眠リズムができてくる時期です。

睡眠リズムができてくる時期。少しずつ、夜にまとめて長時間眠れるようになってきます。

大人の睡眠リズム

●大人は浅い眠りと深い眠りを90分周期で何度も繰り返します。

その浅い眠りを「レム睡眠」といい、レム睡眠中は、目がぴくぴく動きますが、「運動抑制」というものがかかり、身体は動かない状態です。

大人の場合、深い眠り(ノンレム睡眠)に入ることで「運動抑制」がはずれ、寝言や寝返りをします。

一方、赤ちゃんはレム睡眠の時にも運動抑制がかかっておらず、身体が動きます。

大人のように、浅い眠りで身体が動かなくなるには生後1歳くらいまでかかるようです。

また、赤ちゃんは、その睡眠サイクルが未熟なため、浅い眠りの時に目が覚めてしまうという説があります。

知能が発達してきたために、昼間のさまざまな経験が夢となり、その夢を見ているときに夜泣きをするとも考えられます。

つまり、眠りの途中で目が覚めたから機嫌が悪いだけなのかもしれません。

では、次に、夜泣きした場合の有効な対処法を見ていきましょう。

夜泣き、泣く子を沈める5つの方法!

① 抱っこする

泣いている赤ちゃんを落ち着かせるには、ママのぬくもりが一番です。

添い寝で背中をトントンして、安心させてあげましょう。

② おっぱい・ミルク

おっぱいやミルクを与えると、すぐに泣き止むという赤ちゃんも多いようです。

乳首を口に含ませるだけでも落ち着くことがあります。

③ 音楽を聞かせる

携帯電話の着メロなど、赤ちゃんの気を引く音を聞かせると泣き止むこともあります。

また、テレビ放送終了時に流れる「ザーッ」というホワイトノイズといわれる「砂嵐」の音も、赤ちゃんを安心させて泣き止ませる力があるといわれています。

④ 思い切って一度起こす・目を覚まさせる

電気をつけて明るくし、一度完全に目を覚ましてあげるのも、効果的な対処法といわれています。

少し遊んで気分を変えて、もう一度最初から寝かしつける方が早いこともあります。

⑤ 生活リズムを整える

朝起きて、夜寝るという生活リズムが整えば、上手にねんねできるようになるかもしれません。

もちろん、生活リズムを作るのは大人の役目です。

朝は7時ころまでに起こし、昼間はよく遊ばせて、お昼寝はほどほどにしましょう。

特に、夕方にはあまり寝かせないほうがいいです。

夜泣き ばあば体験談

私が3人の娘を育てた体験談として、夜泣きをさせないようにする対策は、まず昼間、できるだけ外で遊びました。

専業主婦でしたので できるだけ一緒に公園で遊ぶことを心掛けました。

そして、夕飯は遅くても7時ぐらいにすませ、歯磨きをして8時半ぐらいには寝かしつけましょう。

私が寝かせつける時期には スマホはなかったのですが今の時代で考えますと

寝かすときは、部屋を暗くし、スマホは絶対に使わず寝かせましょう。

このように、昼間楽しく遊びことによって 夜はやすらかに寝てくれるので

ママは大変ですが できるだけ昼間は外で遊んであげましょう!

まとめ

いかがでしたか。

ここまで、育児の悩み、夜泣き、夜泣きの原因、夜泣きの有効な対処法について、ご紹介してきました。

育児の悩み、夜泣きは、約7割~8割の赤ちゃんにあるといわれています。

考えると、赤ちゃんの成長のためには避けて通れないことかもしれません。

しかし、夜泣きを乗り越えるのはママだけでは無理です。

一人で頑張りすぎず、周りの人たちに助けを求めてください。

特にばあばには極力助けを求めてください。

また、パパにも協力が必要ですね。平日は、仕事があるので休日、助けてもらいましょう。

夜泣きは、いつかは必ず終わります。

「そのうち必ず収まること」と思って悩まずに力を抜いて、楽しく子育てをしていきましょう。