こんにちは。Mayuです!

今回は、天叢雲剣とは何なのか、何と読むのか?
神話との関係は?

これらについて お話ししていきたいと思います。

天叢雲剣はなんと読むのでしょうか?

なんと、「あめのむらくものつるぎ」と読みます。

ファイナルファンタジーゲームが好きな方は読めるそうです。
ゲームも教養がつきます。

採用されているゲームは、
・グランブルーファンタジー
・モンスターストライク
・大神
・カムライトライブ
・ONE PIECE サウザンドストーム
などがあるそうです。
私はゲームがわからないので チンプンカンプンですがゲームが好きな方ならすぐわかりますね!

天叢雲剣とは?

天皇陛下の即位の礼が行われている2019年10月22日、ツイッターでは三種の神器として知られる「天叢雲剣」がトレンド入りしています。

さて、天叢雲剣とは?なんでしょうか?
三種の神器の一つ。
草薙剣(くさなぎのつるぎ)ともいう。
素戔嗚(すさのお)尊が出雲の簸川(ひのかわ)上(斐伊(ひい)川上流)で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治してその尾の中から得た剣。
瓊瓊杵(ににぎ)尊は降臨のとき,八咫(やた)鏡,八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)と共にこれを授けられた。
日本武(やまとたける)尊の東征の際に草薙剣の名が生じ,のち熱田神宮にまつられたということです。

雨が降ったのは天叢雲剣の力?

おだやかな雰囲気に注目が集まる中、特にツイッターなどで話題となったのが三種の神器の一つである「天叢雲剣」です。
即位礼正殿の儀が始まる前、東京は雨でしたが、天叢雲剣は雨雲を呼ぶという言い伝えがあり
「天叢雲剣の効果なのか?」「この国リアルファンタジー」と盛り上がりました。
また、天皇陛下が実際に儀式が始まるころには雨はあがり、虹も見ることもできたそうです。
やはり、これは神話ですね!

まとめ

本日、10月22日、即位礼正殿の儀が執り行われ天皇陛下が即位を宣言しました。
そこで天叢雲剣という言葉をみて、なんて読むのか興味をもち、調べてみました。
「あめのむらくものつるぎ」と読むことや、これがどういったものかも書かせていただきました。
なんとなく、わかっていただけたでしょうか?

最後まで 読んで頂きましてありがとうございました。